>

簡単に編集が出来る事が大切です

動画作成の基本について

あまり長い動画を作成したとしても見ている人は途中で飽きてしまう可能性もあります。
なので、長くし過ぎない事が重要です。
動画作成おいて一番基礎となるのが動画の長さだと思います。
最低でも長くて3分以内に収める事で多くの人に最後まで動画を見て貰う事が出来るのです。

それから、今ではスマホでも簡単に動画作成が可能だそうですが、編集するとなるとパソコンが必要になるので必ずパソコンは持っておくと良いでしょう。
編集する時には前の記事でも紹介したと思いますが、専用のソフトを使用すると簡単にプロのような動画を作成する事が出来るので使用すると早く出来ます。
きちんとタイトルにあった動画であるかも大切な部分だと思うので、動画を組み立てる時には内容に合っているかも確認して作成する事です。

組み立て時の注意点について

ある程度動画の完成時をイメージして組み立てていくと良いでしょう。
思いつきで動画を作成するよりは意味もはっきりと見ている人にも伝わりやすいですし、作成時も間違ってもすぐに修正する事が出来ると思います。
動画にピッタリの音声や音楽もある程度決めてピックアップしておくとサクサク作業が進みます。

なるべく動画作成をする時にはテレビを消して無音の状態で行うと安心です。
編集時にテレビの音が動画に入ってしまう事もあり台無しになってしまう事もあるからです。
組み立てをする時にはなるべく余計な物は周りには置かずする事も良いと思います。
飲料や食べ物は周りに置かない事、電気を明るくした状態で動画を作成する事も重要なポイントです。


この記事をシェアする