>

操作内容がシンプルである事

知らなかったでは後が大変です

動画や音楽には作者に対して著作権と言うのが認められています。その人にしか作る事が出来ない音声や画像を安易に他の人に使用されないようにする為に作者の尊厳を守る為の権利になっています。
なので、人気のある動画を真似して作成したとします。
もしかしたら、その動画自体に著作権が付いており、無断で使用したのが判明したのであれば法律で罰せられる可能性もあるのです。

今では簡単にプロのように綺麗で美しい動画作成を専用のソフトを使用する事により短時間でしかも初心者でも出来るようになりましたが、一旦真似したい動画があるのであれば作成する時に著作権がかけられていないかどうかを確認して見る事が良いと思います。
確認は動画サイトやネットでも調べる事が出来るようになっています。

きちんと申請する事が大切です

もしも、著作権がかかった動画を真似してみたいのであればきちんとした所に書類を申請する事が重要です。
何故かと言うのも、前の記事でも紹介したと思いますが、法律で決まっている事なので違反をすれば最悪の場合逮捕されてしまう事もあるからです。
申請に関しては分からない場合には自治体に問い合わせをしたり専門的に著作権について取り扱いをしている団体もあるので確認して見ると良いでしょう。

きちんと書類を申請しておけば何か著作権に関するトラブルに巻き込まれたとしても関係ない事が証明出来ます。
今ではネットでも著作権使用に関する書類や手続きも出来るそうなので、わざわざ自治体に足を運ばなくても楽に手続きが出来るみたいです。


この記事をシェアする